乳腺外科 京都,乳腺外来 京都,乳がん検診 京都,京都市乳癌健診,京都でマンモグラフィ,マンモトーム生検,乳房再建 京都,豊胸 京都,乳がん脱毛予防,乳腺炎,乳癌治療のセカンドオピニオン相談|加藤乳腺クリニック 京都・堀川御池

加藤乳腺クリニック 京都・堀川御池

TEL 075-254-7878
住所 京都市中京区堀川御池上ル押堀町38
乳腺Q&A

診療時間・外来予約について

月曜日:
午前診・9:00-12:30
午後診・13:30-16:30

木曜日
9:00-12:30

金曜日:
午前診・9:00-12:30
午後診・15:00-19:30

水・土曜日:
午前診・9:00-12:30

休診日: 火・水・日・祝日

外来診療は予約制です。

ご予約はお電話か「外来予約
フォームよりお願いいたします。

TEL:075-254-7878
QRコード
スマホ・携帯からはQRコードを読み込むと簡単にアクセスできます。
  • 加藤乳腺クリニック 草津

乳腺外科 京都, 乳がん検診 京都, 乳腺外来 京都,乳がん京都,京都市乳癌検診,加藤乳腺クリニック 京都,乳癌治療 相談,乳がん治療 質問,乳癌 FAQ,乳がん Q&A,乳がん セカンドオピニオン,乳がん 治療,乳がん 検査,乳房温存,乳がん 手術,乳がん温存手術

加藤乳腺クリニック 京都 乳腺Q&A

よくあるご質問

1:加藤乳腺クリニック 京都(堀川御池)には、入院できる環境が今は無いと聞いたのですが、手術を受けた場合、すべて日帰りになるのでしょうか?

1:当院では、全身麻酔のできる手術室を備えておりますが、入院設備が現在ありません。したがって手術は、基本的に日帰り手術となりますが、大きな良性腫瘍や再建手術は日帰り全身麻酔手術を受けていただくことができます。

2:もし私の乳癌治療において、入院が必要な乳房の手術や、乳がんの治療を受ける必要が出てきた場合、加藤乳腺クリニック 京都(堀川御池)では治療を受けられないのでしょうか。もし入院が必要な乳癌治療になった場合は、どこでどのような対応をしていただけるのでしょうか?

2:まず、当院では、診断や検査に必要な設備を完備しております。そして、乳がんと診断された場合、術後も継続して当院での治療をご希望の時は、草津院にて入院、手術を行い、術後は京都院で薬物療法、外来フォローを行ってまいります。またご希望なら他院への紹介やセカンドオピニオンもうけていただいております。

3:加藤乳腺クリニック 京都(堀川御池)にて乳癌検診を受けた場合、具体的にどのような診察や検査をしていただけるのでしょうか?

3:検診では触診、マンモグラフィ検査、そしてエコー検査を受けていただきます。妊娠中や授乳中の方はエコー検査のみとなります。

4:もし、加藤乳腺クリニック 京都(堀川御池)にて、乳がんと診断された場合、その後の検査や治療の流れはどのようになるのでしょうか?

4:はい、さらに画像診断が必要な場合(MRIやPET-CTなど)は、草津院または市内の画像診断センターにて行っていただきます。手術時は草津院に約1週間入院していただき、手術を行います(私が執刀いたします)。また、術後の薬物療法(化学療法を含む)は京都院にて行うことができます。ほとんどが、外来通院治療です。

5:京都市乳癌検診を受けた際に、他の乳腺外科・乳腺クリニックにて乳がんと診断された場合、再検査や治療方針の相談など、セカンドオピニオンとしての相談にのっていただくことは可能でしょうか?
その場合、費用はおいくらくらい必要ですか?

5:はい、当院では、セカンドオピニオンと予約時にお伝えいただくと対応させていただきます。料金は30分20,000円+消費税となっておりますが、当院での治療をご希望になられた場合はこの限りではありません。

6:加藤乳腺クリニック 京都(堀川御池)には、乳がんの化学療法(抗がん剤治療)の際に、脱毛予防の帽子が使用できると聞いたのですが本当ですか?
それを使えば、乳がんの化学療法を受けても、脱毛しないのでしょうか?
それとも少しは抜ける(個人差がある)のでしょうか?
またその帽子は頭が冷たくなると聞きましたが、頭が冷たすぎて痛くなったり、治療中に辛くなったりしないのでしょうか?
この帽子を使えない患者さんの条件などがあれば、教えてください。

6:本当です。スウェーデンのDIGNITANA社製クールキャップはヨーロッパ数カ国で医療用使用が認可されているもので、当院では5年程前から希望者に化学療法時に装着しています。個人差や、化学療法の内容にもよりますが、脱毛予防効果は明らかに認められます。もちろん脱毛が目立つ方も中にはおられますが、たいていは部分ウィッグでカバー可能です。冷却時は頭皮表面温度をモニタリングし、20分かけて冷却するので冷たさは感じませんし、過冷却による皮膚の合併症も今までございません。

7:ホームページを拝見すると、加藤乳腺クリニック 京都(堀川御池)には、MRIの検査環境が無いようですが、MRIによる乳がんの診断が必要になった場合は、どのように対応なさるのでしょうか?

7:現在乳腺疾患の診断にMRIは重要な役割を果たしております。当院では診断時の補助として、また治療における、術式の決定などのためにMRI検査をオーダーしており、京都市内のいくつかの画像診断センターで迅速に行うことが可能です。また滋賀県内では草津院にMRIがございますので、草津まで足を運んでいただき検査を行っております。

8:加藤乳腺クリニック 京都(堀川御池)にて乳癌検診を受け、乳がんと診断され、その後に草津の加藤乳腺クリニックにて手術(入院)を受けた場合、その後の化学療法は京都の加藤乳腺クリニックで受けることができるのでしょうか?
それとも、草津に毎回行かなくてはならないでしょうか?

8:はい、外来化学療法は京都でも草津でもどちらも行うことができます。京都院は草津院に比べ化学療法室も混雑が少ないです。ちなみに術前術後で化学療法(抗がん剤治療)が必要な乳がん患者さんは、3割程度であります。

9:乳がんと診断され、化学療法(抗がん剤治療)を受けることになった場合は、日帰りで受けることができるのか、入院の必要性があるのかを教えてください。入院になった場合は、加藤乳腺クリニック 草津にて治療していただけるのでしょうか?
また、抗がん剤治療を日帰りで受けた後、夜などに突然体調が悪くなった場合は、加藤乳腺クリニック 京都にて対応いただけるのでしょうか?
その場合はどうしたらいいのでしょうか?

9:当院の場合、化学療法の初回のみ入院が必要なので、基本的に草津院に入院していただきます。(1-2泊)また、治療後に体調不良の際は電話でご連絡いただくことになっています。夜間でも電話が転送されまして草津院でまず対応いたします。

10:加藤乳腺クリニック 京都(堀川御池)では、乳がんの治療以外に、具体的にどのような乳腺に関わる疾患や治療の相談にのっていただけるのでしょうか?
乳腺炎や豊胸手術などの相談にものっていただけるのでしょうか?
また乳腺炎の治療や、豊胸手術そのものも、加藤乳腺クリニック 京都にて対応していただけるのでしょうか?

10:はい、当院ではTotal breast managementをモットーに、乳癌診断、治療以外にも乳房の様々な疾患や、お悩みにお応えできるよう日夜努力しております。乳腺炎など授乳中のトラブルに関しては、助産師さんたちの熱心な取り組みに対し、ドクターサイドの受け皿がまだまだ不足していると実感します。安心してお母さんたちが母乳保育を続けられるよう、乳腺炎治療などのサポートを一所懸命にしております。また豊胸手術に関しては、草津院の形成外科専門医、松谷先生が、京都豊胸・乳房専科として活動しており、様々なニーズに対応しており手術も可能です。さらには、性同一化障害の患者さんに対する、皮下乳腺全摘術の実績も上げております。当院は保険診療内外問わず、診察、治療を積極的に行っております。

11:乳がんのマンモグラフィ検診とエコー検診の違いを簡単に教えてください。どちらも受けるべきですか?
それとも片方の検査で十分なのでしょうか?
また検査結果(乳癌の診断)は、検査した直後、当日にすぐにわかるものなのでしょうか?

11:はい、乳癌はすべて硬い瘤のように育つわけではなく、乳腺の中を静かに拡がるように育つものもあります。マンモグラフィは、乳房をはさんでレントゲンをあてることにより、影絵のように乳腺を写す検査。エコーは超音波により、乳房の断面をそのまま見る検査です。乳腺組織の多い30代以下ではエコーが、40代以上ではマンモグラフィが検診に適していると言われていますが、どちらかの検査でしかわからない乳癌もかなりあります。ですから両方の検査を受けるのが望ましいです。また、検診の結果(異常ありか、異常なしか)は検査後すぐにわかりますが、さらに乳がんの確定診断をつけるためには、組織診を行うことが必要で、当院では初診日に針生検を行いますが、病理診断には数日から1週間かかります。

12:乳がんのマンモグラフィ検診は痛いイメージがあるのですが、我慢できないほど痛い検査なのでしょうか?
時間はどれくらいかかりますか?
また乳がんのエコーによる検査も受けたことがないのですが、痛いですか?
時間はかかりますか?

12:マンモグラフィ検査では乳房をはさんでレントゲン撮影します。片方の乳房につき2回、計4回検査します。アクリルの圧迫板で乳房をはさみますが、女性技師がスムーズに行いますので、はさむ時間は20秒程度、トータル5-10分の検査です。もちろん痛い時は遠慮なく仰ってください。エコー検査は乳房にゼリーをつけてプローベというハンドピースを皮膚にあてて乳房の断面をみます。3分ほどで終了し、全く害はなく痛みもありません。

13:乳がんと診断された場合、必ず手術をする必要があるのでしょうか?
また必ず化学療法を受ける必要があるのでしょうか?

13:近年、乳癌に対する薬物療法は目覚ましく発達し、術前薬物療法(抗がん剤)によって乳がんが消失することもまれではなくなりました。ただ、現段階では本当に癌が死に絶えているかどうか、100%診断することはできないので、基本的には手術を省略することはありません。また小さな乳がんでは腫瘍全体を確実に切除することが完治への近道であることは間違いありません。もう一つの化学療法に対するご質問ですが、乳がん薬物療法は、大きくわけて化学療法と内分泌療法があります。術前術後に患者さん全員が化学療法を受ける必要はありません。化学療法を受けていただくかどうかは、その患者さんの癌細胞の性質(サブタイプ)と進行の度合い、また患者さん年齢、リスク、ご希望なども総合して決定することになりますが、乳がん患者さんの約3割の方に化学療法を受けていただいているのが現状です。

14:現在乳がんの治療中(または手術待ちの期間)なのですが、インフルエンザ予防接種などの予防接種を受けたいのですが、加藤乳腺クリニック 京都(堀川御池)で受けることはできますか?
かかりつけの内科に行けば良いものなのでしょうが、風邪などをもらうのが怖いのでこうした感染症の患者さんが少ない環境で予防接種を受けたいのですが、対応いただけますか?

14:はい、インフルエンザ予防接種は当院で受けていただけます。特に化学療法中の方など免疫力低下のおそれがある方は、インフルエンザ予防接種が勧奨されております。(患者さん以外でも接種は可能です)

15:加藤乳腺クリニック 京都(堀川御池)で受けられる予防接種にはどのようなものがありますか?

15:はい、インフルエンザのほか、子宮頚癌ワクチンの接種が可能です。お気軽にお電話でお問合せください。

16:現在妊娠中(または授乳中)なのですが、乳がん検診は受けられますか?
その場合は、具体的にどのような検査内容になるのでしょうか?
もし妊娠中(または授乳中)に乳がんと診断された場合、どのような治療になるのでしょうか?
出産はできますか? 授乳は継続できますか?

16:はい、妊娠中や授乳中にも乳がん検診は受けられます。その場合、基本的に触診とエコーでの検診となります。診断に必要な検査は針生検など必要に応じて行われます。次に精密検査及び治療についてです。まず妊娠中ですが、妊娠中のレントゲン検査はがんの確定診断がつかない限りほとんど行いません(マンモグラフィは妊娠中問題ないという報告はありますが)。MRIは検査時の体位の問題がありますが(うつぶせでしますので)一応可能です。また、妊娠中に乳がんと診断された場合は、乳がんの大きさや進行の具合と診断された時点での妊娠の時期により、妊娠の継続が難しいことがありえます(妊娠初期の場合)。時期によっては妊娠を継続しながら、手術を行ったケースもあります。授乳中は、乳がんと診断された場合、基本的には断乳していただきます。乳房が張っていると、①病変の広がりがわかりにくく、②手術時には出血も多くなりやすい、③また薬物治療を行う際には授乳できないなどの理由です。

17:小さい子供がおり、検査や診察や治療にこどもを連れて行きたいのですが、子供を預かっていただける環境はありますか?
ベビーベッドなど、一時的に子供を寝かす場所やおむつ替え・授乳などできる環境はありますか?

17:はい、検診や診察の時に子供さんをお連れいただく方は、たくさんおられます。当院にベビーシッターや保育室などはありませんが、ベビーベッドや、おむつを替えるスペースはございます。授乳ができるお部屋も用意できますし、職員が適宜対応しておりますので安心して受診していただけます。

18:乳がん治療の中で生じる心の悩みを相談できる環境はありますか?
カウンセリングを希望する場合、院内で対応いただけますか?
それとも、別の病院へのご紹介となりますか?
また患者会や乳がんサロンの運営はされていますか?
運営が無い場合は、そういう先へご紹介いただくことは可能ですか?

18:乳がんに限らず、全てのがんやその他どの病気にかかられても、気持ちが落ち込んだり、目の前が真っ白になったりするものです。私自身や看護師、スタッフが相談を受けることもあり、日常診療はそのケアの積み重ねにほかならないと考えております。ただ、当院では残念ながら臨床心理士などの専門の有資格者はおりません。カウンセリングなどご希望の患者さんには、近隣の心療内科、神経科等にご紹介させていただいております。また、当院独自の患者会やサロンはございませんが、京滋にも全国規模から病院独自のものまで、また活動内容もさまざまな患者会やサロンなどがあります。当院から積極的にお薦めすることはないですが、紹介希望の患者さんにはもちろんいくつかの患者会の情報を提供可能です。

19:加藤乳腺クリニック 京都(堀川御池)で乳がんの検査や、乳がんの診察を受ける場合、待ち時間はどれくらいでしょうか?
かなり余裕を持っておいた方が良いでしょうか?
それとも、完全予約制で、時間のずれはあまり心配しなくても良いでしょうか?

19:はい、当院は原則的に予約制ですが、予約なしでも初診患者さんの診察をさせていただきます。現時点では30分以内で皆さん診察させていただいておりますが、予約なしの場合少々お待ちいただくこともありますのでご了承ください。検診の場合、マンモグラフィ撮影後、エコーで診察が終わるまで15分程度です。

20:加藤乳腺クリニック 京都(堀川御池)と他のクリニックのどちらにかかろうか悩んでいます。加藤乳腺クリニック 京都(堀川御池)ならではの特長や実績、治療方針ありましたら、教えてください。

20:はい、私たちは滋賀県草津で10年間、京都にオープンして2年間(2014年7月現在)診療してまいりました。日々、加藤乳腺クリニック『我が信条』をモットーに診療に励んでおります。なにも特別なことをしているわけではなく、迅速に正確に診断し、丁寧に説明した上で、患者さんといっしょに治療を進めていくことを心がけています。京都院開院以来100例近い患者さんの診断および治療を担当させていただきましたが、これからも一人ひとりと向き合う姿勢を大切にしてまいります。

乳腺外科 京都, 乳がん検診 京都, 乳腺外来 京都,乳がん京都,京都市乳癌検診,加藤乳腺クリニック 京都,乳癌治療 相談,乳がん治療 質問,乳癌 FAQ,乳がん Q&A,乳がん セカンドオピニオン,乳がん 治療,乳がん 検査,乳房温存,乳がん 手術,乳がん温存手術

PAGETOP